海外赴任で運転免許失効した際の更新方法

日本の運転免許を失効してしまっていたので、一時帰国して更新に行ってきました。

海外赴任中に免許を失効してしまったという方は、ご参考までに。

海外赴任中に免許失効

失効から3年以内は更新可

海外赴任など、やむを得ない事情によって期限内に免許更新手続きができず失効(=特定失効)となった場合、免許失効から3年以内であれば、通常の更新とほぼ同様に更新できます。
sikkou1

海外赴任を終えている場合

細かく言うと、海外赴任を終えて日本に完全に帰国してから(=やむを得ない事情が無くなってから)1か月以内に更新手続きを行う必要があります。
sikkou2

失効更新の手続きフロー

東京の場合、失効更新の注意点として一時帰国証明書を用意する必要があります。以下からダウンロードして、印刷してください。

失効後6か月以内の方、やむを得ない理由で手続ができなかった方|警視庁

一時帰国証明書は、勤務先か、もしくは日本に住んでいる家族に記載してもらいます。一時帰国証明書の記載者が家族の場合、記載者(家族)の免許証等のコピーも必要です。

地域によって必要書類が異なるかもしれません。念のため、事前に自分の地域の免許センターに確認した方がよいです。

必要書類

・パスポート
・一時帰国証明書
・失効した免許証
・証明写真(2.5cm×3cm)1枚
・更新手数料

免許センターでの手続き

・書類の記入
・手数料の支払い
・暗証番号の作成
・視力検査
・講習(30分)
・新しい免許の受け取り
・ICカード内の記録情報確認

待ち時間を含めてトータルで1時間~1時間半程度でした。込み具合にもよります。

※今回の記事は、あくまで一例です。必ず、免許センター等の公式情報を確認してください。

タイのSIM(AIS)に自動販売機から料金チャージする方法

タイで現地SIMを購入する際、AIS・Dtac・Trueの主要3キャリアの中から選ぶことになります。今回は、自動販売機を利用してAISのSIMに料金をチャージする方法を紹介します。

自動販売機でチャージする方法

セブンイレブン前などに、このような自販機が置いてあります。
20171015_155125

画面をタップします。初期設定がタイ語なので、上の段の国旗をタップして英語に変更します。SIMのチャージは、スマホの絵が書いてあるボタンをタップします。
eigosim
以下のような画面が出るので、自分の携帯番号を入力します。AISで自分の番号を確認するには、「*545#」宛に電話をかけると表示されます。
20171015_155149

次の画面で、何バーツチャージするかを選択します。この際注意すべき点は、お釣りが出てこない事です。

チャージが完了すると、チャージ金額が記載されたSMSが自動配信されます。

慣れれば簡単です。

エクスペディアで予約した航空券はキャンセルできない。返金不可の理由とは?

エクスペディアで海外行きの航空券を予約しました。
諸事情でキャンセルをしたい事となり、エクスペディアのコールセンターに問合せをしました。

エクスペディア航空券はキャンセル不可

結論から言うと、エクスペディア航空券予約後のキャンセルはできません。「何パーセント返金」なども一切ありません。
コールセンターの方に確認したところ、下記のような仕組みです。

エクスペディアは航空券購入の取次を行っているだけの為、航空券の金額やキャンセルなど諸々は、航空会社の規則規約が適用される。

つまり、エクスペディアには、そもそもキャンセルなどの可否を決定する権限がない、という事のようです。

お客様が航空券を購入された場合は、サプライヤーのウェブサイトにある、サプライヤーが発行した航空券の利用規約をよくお読みください。

エクスペディアに記載されている、各LCC(格安航空会社)の運賃規則抜粋を確認すると、すべての規約において「予約後の払い戻しは不可」となっています。

航空券をキャンセルできる唯一のケース

ただ、航空会社によっては、発券される前であれば、エクスペディアのコールセンター経由で航空券キャンセルを行う事ができるようです。

今回の僕のケースを例に挙げて説明します。

僕が航空券を予約したS航空では、航空券予約を行った翌日の午前0時に発券が行われます。つまり、1月1日の午後7時にウェブ予約を完了させた場合、発券は予約から5時間後の1月2日の午前0時です。それまでの間にエクスペディアのコールセンターにキャンセルしたい旨を伝えれば、キャンセル可能との事でした。

※キャンセルではなく航空券の日程変更の場合は、空いていれば「航空券代の差額」を支払えば変更できるようです。

当たり前の事だったのかもしれませんが、知らずに予約して困る方もいるかと思ったのでメモ書きを残しておきます。

・関連記事
エクスペディアでホテル日程を間違えて予約したら、まずはここに電話

ヤンゴンからバガンへ行く方法と、ミャンマー国内線航空券の料金相場

今回は、かなり時間空いてしまいましたがミャンマーについてです。

寺院やポッパ山で有名な観光地「バガン」までの行き方などについて紹介します。

ヤンゴンからバガン(ニャウンウー)へ行く方法

baganmpa
ヤンゴンからバガンに行くには、以下のような交通手段があります。
余程の事がない限り、飛行機での移動をしてください。
バガンにある空港は「Nyaung-U(ニャウンウー)空港」です。

・飛行機(1時間30分)
・レンタカー・タクシー(10時間)
・バス(10時間)
・列車(15時間)

バガン行の航空券の値段

ネットで探してみると、ヤンゴンーバガン間の航空券の相場は往復で約230ドル程のようです。

航空会社 往復料金
Air Baganスクリーンショット 2015-11-05 21.26.02 約240ドル
Air Mandalayスクリーンショット 2015-11-05 21.30.36 約220ドル
Yangon Airwaysスクリーンショット 2015-11-05 21.29.25 約210ドル
Myanmer Airwaysスクリーンショット 2015-11-05 21.32.34 約140ドル

僕の場合は、滞在先のホテルのスタッフに現地の旅行会社を紹介してもらいました。
料金は、往復で210ドル+2,000チャットでした。

※1000チャットがだいたい100円位です。(100円=1054チャット 2015.11.05現在)

ニャウンウー空港到着後、入域料を支払う

外国人観光客は、ニャウンウー空港に到着すると10ドルの入域料を支払う必要があります。
確か、ドルでもチャットでも支払いOKだったと思います。

ニャウンウー空港から、タクシーで市街地へ移動する

空港からの移動手段は、タクシーです。
オールドバガンなどの市街地まで、車で20~30分くらいです。
空港を出てすぐの所に、タクシー運転手が客待ちをしています。

僕の乗車したタクシーの運転手曰く、

「市街地までのタクシー料金はどの運転手でも一律6,000チャット(=約600円)。値引きなどの交渉は出来ない。」

との事。

その時はかなり疑いましたが、ネットで調べてみてもそのようなレポを書かれている方がいたので嘘ではなさそうです。

英語が超苦手な人の為のミャンマー旅行ビザ取得方法(eビザ入力項目の和訳付き)

今日は、英語が苦手な人でもミャンマーの観光ビザをカンタンに取得できる方法を紹介します。

ミャンマーに入国する際には、観光でもビザが必要です。
旅行前に事前に申請しておかないと、入国できないので注意してください。
申請費用は50ドルで、ネットで申請する場合はクレジットカード決済です。

eVisaのネット申請方法

下記、ミャンマー政府公式サイトからのeVisaネット申請方法です。

(1)ミャンマー政府公式サイトの、eVisa申請フォーマットにアクセス

Myanmar eVisa(Official Government Website)

(2)ビザの種類を選択

・Visa Type:TOURIST VISA [USD-50.00](ビザ種類:観光ビザ 50ドル)
・Nationality:JAPAN(国籍:日本)
・Port of Entry:YANGON INTERNATIONAL AIRPORT(入空港:ヤンゴン国際空港)

evisa1

(3)必須事項の入力

ビザの種類を選択したら、次の画面に進みます。
ここで、滞在先ホテルの住所や、パスポート情報、証明写真(推奨サイズ:縦4.6cm×横3.8cm)などを入力していきます。
personalinfo

Personal Information

項目 和訳(備考)
Full name 氏名(パスポートと同表記)
Gender(Male/Female) 性別(男/女)
Date of Birth 誕生日
Country of Birth 出身国(=Japan)
Occupation 職業(sales personでOK)
Permaent address 本籍(住所をローマ字記載)
Postal Code 郵便番号
Accomodation Type 宿泊施設の種類
Name and Address of Selected Accommodation in Myanmar ミャンマーでの宿泊先住所
Email Address メールアドレス(ここ宛にビザが来るので、PCメール推奨。)
Retype Email Address 確認のためメルアドをもう一度記載
Contact Phone 電話番号(僕は日本の携帯番号いれました。)

Passport Information

項目 和訳(備考)
Passport No パスポート番号(旅券番号)
Country of Issue パスポート発行場所
Date of Issue 発行年月日
Date of Expiry 有効期限満了日

(4)クレジットカード情報入力

ビザ申請代50ドルの支払いに使用するクレジットカードを選択します。
JCB、VISA、MasterCard、AmericanExpressが利用可能です。

(5)申請完了

これで申請は完了です。
申請後すぐに、登録したメールアドレス宛に「eVisa – Visa Application Acknowledgement」(=Eビザ – ビザ申請受付)というタイトルで自動返信メールがきます。受付確認メールです。

その後だいたい2〜3日で、「eVisa Myanmar – Your Visa Application Result」(=Eビザ ミャンマー – ビザ申請の結果)というタイトルでビザ認可メールがきます。このメールに添付されているビザ(pdfファイル)を印刷します。空港に持参してください。
ビザの有効期限は90日間なので、旅行帰国日を含めて90日以内に申請してください。

上記を見ても申請中にわからない英語がたくさんある場合の対処法

わからない英単語などあれば、Weblio(ウェブリオ)という無料のオンライン英語辞書で検索して意味を調べる事ができます。僕も、英文メール作成や旅行申請などをする際によくお世話になっているサイトです。

日本語住所を英語に変換するサイトなども、記入時の参考になります。

ミャンマー・ヤンゴンでWifiが早いカフェレストランをついに見つけた。

こんにちは、なんやるの加藤です。

ヤンゴンでホテルを予約する為に、ネットが使える環境を探しまわっていました。

(旅行予算に余裕のある方は、日本からモバイルルーターをレンタルしていくのも手です。海外ルーターレンタル会社で有名なグローバルWiFi (ミャンマー 3GのレンタルWiFiプラン)だと、だいたい2000円/日ほどでレンタルできるようです。)

ネットが使えるレストラン

その中で行き着いたのが、The Thiripyitsaya Sky Bistro(ティリピセヤ スカイ ビストロ)です。
ここは、サクラタワーの20階にある展望レストランです。
サクラタワーは、日系企業が数多くオフィスを構えるビルです。
観光客でにぎわうヤンゴンで有名な市場である「ボージョー・アウンサン・マーケット」から徒歩5~10分位の所にあります。
sakurabuilding

気になるWifi環境は…

Wi-Fi環境は、かなり良かったです。
途中で読み込みが止まる事もなく、サクサク使えました。
ビール一杯で居座っても大丈夫でした。たしか5,000チャット(500円)以内にはおさまったと思います。

ヤンゴンでは高級店の部類に入るため他の店よりも若干高いですが、かなり快適でオススメです。

ちなみに、僕の滞在したホテルのWi-Fiは使い物になりませんでした。
つながったり切れたりとかなり不安定で、ホテルの予約などには適さないです。
安宿に止まる方は、このスカイビストロをネット利用の拠点にしてみてください。

ティリピセヤ スカイ ビストロ (ヤンゴン) の口コミ・写真・地図 – トリップアドバイザー


<営業時間>
カフェ・タイム: 9時~18時
バー・タイム:18時~22時
定休日:なし

<住所>
20th Floor
Sakura Tower
339 Bogyoke Aung San Rd,
Kyauktada Township, Yangon, Myanmar

引用元:
Thiripyitsaya Sky Bistro
Facebookページ

ツアーじゃ物足りない!ミャンマー旅行を自力で10倍楽しむ方法

初のミャンマー旅行にいってきました。
旅程としては、ヤンゴン(滞在2日)→バガン(滞在2日半)→ヤンゴン(1日半)の合計5泊6日でした。

ミャンマーに旅行にいく際に、旅行代理店やツアー会社を極力利用しないで準備する為の基礎知識をまとめておきます。(下記、2015年8月現在の情報です。)

ミャンマー旅行前に最低限必要な3つの準備

出国前に最低限準備しておかなければならない事です。

1.往復の航空便の予約

日本ーヤンゴン間の往復便をネット予約します。
海外に旅行に行く際、僕はいつもイーツアーを利用して航空券を購入します。

イーツアーの海外格安航空券、空席照会・スケジュールを見て、その場で予約予約回答出来ます
僕の場合、成田ーヤンゴン間の直行便往復で、合計約7万5000円位でした。


2.一泊目のホテルの予約

ヤンゴン到着日に滞在するホテルの予約を行ないます。
ヤンゴンのネット環境は非常に遅いので、一泊目のホテルは日本国内で予約していったほうがいいです。僕はそうしました。
現地で歩いてホテルを見つけるという方もいるかもしれませんが、町中がゴミゴミしていてかなり見つけにくいと思います。

3.入国ビザの申請

ミャンマーに入国する際には、旅行であってもビザが必要です。
旅行前に申請しておかないと、入国できないので注意してください。
申請には2~7日間程かかる事があるので、余裕をもって申請してください。
ネットで申請することが可能です。クレジットカード決済で申請にかかる費用は50ドルです。

eビザの取得方法は、英語が苦手な人の為のミャンマー旅行ビザ取得方法をご覧ください。

エクスペディアでホテル日程を間違えて予約したら、まずはここに電話

ミャンマー旅行に行く事にしました。
そこで、航空券と一緒にエクスペディアでホテル予約したのですが、
間違えて一泊余計にホテルを予約してしまいました。

予約確定後に変更できるのか?

予約したホテルは格安のホテルで、予約キャンセル・返金不可と記載されていました。
自分のミスで予約登録してしまったのですが、なんとしてもミス登録した一泊分を取り戻したい!(あくまで自分のミスなんですが)

そこで、無理を承知でエクスペディアのお問い合わせページに記載されている下記電話番号に連絡してみました。

エクスペディア問合せ先:
03-6743-6605

電話した時間は、平日の夜10時過ぎ。電話がつながらないだろうと思っていたら、なんとつながりました。

電話にでた担当のスタッフさん(アジア系の人だったと思います)が、流暢な日本語で対応してくれました。

今回のように「予約キャンセル・返金不可」表記のある物件でも、ネット上でホテル予約から24時間以内であればキャンセルや変更が可能との事。すぐに電話してよかった。。。

一泊キャンセルして、差額を返金してもらえる事になりました。

かなりたすかりました、ありがとうございました。

まとめ

1.エクスペディアでのホテル予約は、手続き完了から24時間以内であれば変更可能。
2.エクスペディアの電話問い合わせは、夜中でも通じる。(東京 03-6743-6605)

・関連記事
注意!エクスペディアで予約した航空券はキャンセルできない。その返金不可な理由とは?