海外赴任で運転免許失効した際の更新方法

passenger-traffic-122999_1280

日本の運転免許を失効してしまっていたので、一時帰国して更新に行ってきました。

海外赴任中に免許を失効してしまったという方は、ご参考までに。

海外赴任中に免許失効

失効から3年以内は更新可

海外赴任など、やむを得ない事情によって期限内に免許更新手続きができず失効(=特定失効)となった場合、免許失効から3年以内であれば、通常の更新とほぼ同様に更新できます。
sikkou1

海外赴任を終えている場合

細かく言うと、海外赴任を終えて日本に完全に帰国してから(=やむを得ない事情が無くなってから)1か月以内に更新手続きを行う必要があります。
sikkou2

失効更新の手続きフロー

東京の場合、失効更新の注意点として一時帰国証明書を用意する必要があります。以下からダウンロードして、印刷してください。

失効後6か月以内の方、やむを得ない理由で手続ができなかった方|警視庁

一時帰国証明書は、勤務先か、もしくは日本に住んでいる家族に記載してもらいます。一時帰国証明書の記載者が家族の場合、記載者(家族)の免許証等のコピーも必要です。

地域によって必要書類が異なるかもしれません。念のため、事前に自分の地域の免許センターに確認した方がよいです。

必要書類

・パスポート
・一時帰国証明書
・失効した免許証
・証明写真(2.5cm×3cm)1枚
・更新手数料

免許センターでの手続き

・書類の記入
・手数料の支払い
・暗証番号の作成
・視力検査
・講習(30分)
・新しい免許の受け取り
・ICカード内の記録情報確認

待ち時間を含めてトータルで1時間~1時間半程度でした。込み具合にもよります。

※今回の記事は、あくまで一例です。必ず、免許センター等の公式情報を確認してください。