英語が超苦手な人の為のミャンマー旅行ビザ取得方法(eビザ入力項目の和訳付き)

こんにちは、なんやるの加藤です。
今日は、英語が苦手な人でもミャンマーの観光ビザをカンタンに取得できる方法を紹介します。

ミャンマーに入国する際には、観光でもビザが必要です。
旅行前に事前に申請しておかないと、入国できないので注意してください。
申請費用は50ドルで、ネットで申請する場合はクレジットカード決済です。

eVisaのネット申請方法

下記、ミャンマー政府公式サイトからのeVisaネット申請方法です。

(1)ミャンマー政府公式サイトの、eVisa申請フォーマットにアクセス

Myanmar eVisa(Official Government Website)

(2)ビザの種類を選択

・Visa Type:TOURIST VISA [USD-50.00](ビザ種類:観光ビザ 50ドル)
・Nationality:JAPAN(国籍:日本)
・Port of Entry:YANGON INTERNATIONAL AIRPORT(入空港:ヤンゴン国際空港)

evisa1

(3)必須事項の入力

ビザの種類を選択したら、次の画面に進みます。
ここで、滞在先ホテルの住所や、パスポート情報、証明写真(推奨サイズ:縦4.6cm×横3.8cm)などを入力していきます。
personalinfo

Personal Information

項目 和訳(備考)
Full name 氏名(パスポートと同表記)
Gender(Male/Female) 性別(男/女)
Date of Birth 誕生日
Country of Birth 出身国(=Japan)
Occupation 職業(sales personでOK)
Permaent address 本籍(住所をローマ字記載)
Postal Code 郵便番号
Accomodation Type 宿泊施設の種類
Name and Address of Selected Accommodation in Myanmar ミャンマーでの宿泊先住所
Email Address メールアドレス(ここ宛にビザが来るので、PCメール推奨。)
Retype Email Address 確認のためメルアドをもう一度記載
Contact Phone 電話番号(僕は日本の携帯番号いれました。)

Passport Information

項目 和訳(備考)
Passport No パスポート番号(旅券番号)
Country of Issue パスポート発行場所
Date of Issue 発行年月日
Date of Expiry 有効期限満了日

(4)クレジットカード情報入力

ビザ申請代50ドルの支払いに使用するクレジットカードを選択します。
JCB、VISA、MasterCard、AmericanExpressが利用可能です。

(5)申請完了

これで申請は完了です。
申請後すぐに、登録したメールアドレス宛に「eVisa – Visa Application Acknowledgement」(=Eビザ – ビザ申請受付)というタイトルで自動返信メールがきます。受付確認メールです。

その後だいたい2〜3日で、「eVisa Myanmar – Your Visa Application Result」(=Eビザ ミャンマー – ビザ申請の結果)というタイトルでビザ認可メールがきます。このメールに添付されているビザ(pdfファイル)を印刷します。空港に持参してください。
ビザの有効期限は90日間なので、旅行帰国日を含めて90日以内に申請してください。

上記を見ても申請中にわからない英語がたくさんある場合の対処法

わからない英単語などあれば、Weblio(ウェブリオ)という無料のオンライン英語辞書で検索して意味を調べる事ができます。僕も、英文メール作成や旅行申請などをする際によくお世話になっているサイトです。

Posted in 海外.