ロシア最大のローカル検索エンジンYandexがモバイルフレンドリーアルゴリズムを導入(海外ブログ)

ロシアのローカル検索エンジンであるYandexが、モバイル最適化されたサイトの検索結果順位を上げるアルゴリズムを導入したそうです。このアップデートのコードネームは、「ウラジオストック」というそうです。

そもそも、Yandexって?

Yandexは、ロシアのローカル検索エンジンです。

中国の百度とか、韓国のNaverみたいな感じです。

StatCounter-search_engine-RU-yearly-2013-2016出展:Stat Counter

ほとんどの国でローカル検索エンジンがGoogleに淘汰されている中、

ロシアにおいて、検索エンジンシェアでGoogleとしのぎを削るほどの有力なローカル検索エンジンです。

百度が中国でのGoogle規制によって保護されている事を考えると、このYandexは非常に特殊な検索エンジンといえます。

なぜロシアでYandexは生き残っているのか

すこし昔の記事ですが、週間アスキーにYandexスタッフへのインタビュー記事がありました。

これによると、ロシア語はコンピュータ検索からみて難しい言語の為、ロシア語独自システムをもつYandexに強みがある、との事です。

同様にコンピュータ検索にとって難解な言語として、トルコ語などがあげられています。

言語特性上、ロシアの検索エンジン市場において独特の環境を形成しているようです。(それを考えるとタイ語とかも該当しそうですが、タイにおいては検索エンジンシェアはほぼ100%Googleです。)

「ウラジオストック」のアップデート内容

vladivostok出展:The Calvert Journal

さて、本題に戻ります。

今回のアップデートですが、Google同様に、スマホ対応しているサイトに対する評価を上げる基準を設けるアルゴリズムのようです。

現在はロシア国内のみでの適応ですが、数か月後にはウクライナなどの東欧諸国での検索にも対応していくそうです。

モバイル検索での検索結果にのみ適応されるようで、スマホ最適化されたサイトのランクが上がります。

スマホ最適化の基準として、下記が挙げられています。

  • スマホ画面に収まるサイズ
  • 水平的でなく垂直的なサイト構造(縦スクロールに適したサイト)
  • JavaアプレットやFlashなどのプラグインを使用していない

Yandexの検索トップページ

yandex-home

Yandexの検索結果ページ

yandexserp

「スマホ対応」ラベルもある

ちなみに、昨年の2015年11月に、スマホ最適化サイトへのラベル貼りがなされたばかりだったようです。(参考:Yandex, Russian-Based Search Engine, Adds Mobile-Friendly Label To Search Results

モバイルフレンドリーのラベルは、検索結果のわきっちょに表示されているやつの事で、Google検索でも見かけます。

mobile-friendly出展:googlewebmastercentral

赤枠で囲ってあるところが、そのラベルです。

これによって、検索者が検索結果をクリックする前にモバイルサイトであるかどうかを確認する事ができます。

To whom it may concern

I wrote this article referring to some blogs.(Not Copy but Reference.)
I am sorry to trouble you, but if there are any inconveniences for you in this post, please contact me. Then, I will delete or correct this post immediately.

参考サイト:Serach Engine Land

自分が挑戦したい事を、今日からコツコツ30日間続けるメリット

TEDで動画を物色していたら、マットカッツ氏のTEDスピーチみつけました。

Matt Cuttsって誰?

知らない方の為に、簡単な紹介をします。

Matt Cutts -Technologist-
Matt Cutts is an engineer at Google, where he fights linkspam and helps webmasters understand how search works.

Googleで、リンクスパムなどブラックハットSEOを取り締まっているWebスパムチームの責任者です。

Matt Cutts氏のTEDショートスピーチ

SEOには全く関係ないスピーチですが、3分ちょっとの動画なのでよかったら見てみてください。

やってみたい事を、小さく30日間継続してやってみよう、という内容です。

思いたった時に始めないと、時間は過ぎていくばかり。

BtoBでもスマホ最適化が大事な理由(海外ブログ参考)

今年から、英語とWEBマーケの勉強がてら海外のWebマーケブログを読むようにしています。

ただ読むだけだと怠けそうなので、たまにメモに残していこうと思って今回からこのようなメモ書きを残していこうと思います。

スマホ検索がBtoBにも浸食している

モバイル検索がデスクトップ検索を上回ったとGoogleが発表しているくらい、スマホの重要性はかなり高まってきています。

この記事では、スマホ最適化をしないと、オーガニック検索での表示順位が落ちたり、直帰率が上がったりすると指摘しています。

今回のこの「3 Reasons B2B Marketers Must Embrace Mobile… Now」で取り上げられている中で、会社の意思決定者が社内外問わずにモバイル検索で企業情報などを収集しているという調査結果が紹介されています。

「BtoBの会社だからスマホは対応しなくていい」(「私たちのお客さんは、うちのコーポレートサイトをパソコン経由でしかみないだろう。だって仕事中はパソコンを使うじゃないか!」)といった考えは通用しなくなってきているようです。

サイトスピードをチェックしてみる

Googleの提供しているページ速度測定ツールで、試しに僕のブログを測定してみました。

sitespeed

改善の余地ありです。

改善点のアドバイスも羅列されるので、気になった方は、自分のサイトをスピードテストしてみてはいかがでしょうか。

参考サイト:Serach Engine Land

相模湖プレジャーフォレスト付近でおすすめの超大盛り海鮮丼

久々に、飲食店紹介します。

相模湖に来たら絶対に食べておきたい海鮮丼

写真を見ての通りです、爆盛り海鮮丼。

刺身があふれんばかりに盛られていました。米にたどり着くまで一苦労。。。

大将おまかせ丼

相模湖海鮮丼
この量で、2200円はお得です。

ここで海鮮丼食べてから、他のすし屋で食べる海鮮丼が物足りなく感じてしまいます。

これ一食ランチで食べれば、夜ごはんいらないくらいおなか一杯になります。

さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト付近で一番のおススメ店

irumirion
この大盛り海鮮丼を頂ける魚心亭ですが、中央本線の高尾駅が最寄り駅です。

相模湖イルミリオンというイルミネーションで有名なさがみ湖リゾートプレジャーフォレストからほんの少しだけ離れたところにあります。

相模湖の方に観光に行った際は、是非魚心亭さんで名物丼を食べてみてください。

店舗情報
すし魚心亭
http://uoshintei.com/
最寄駅:中央本線 高尾駅
ランチタイム:11:00~14:00(月曜定休)

ネットに転がっている無料の英語教材を活用してリーディングと語彙力を強化する方法

スマホで英語の勉強をする

英語の勉強を再開しました。

昼休みだったり通勤時間など、隙間時間を活用して勉強する方法を紹介します。

feedlyをダウンロードする

RSSリーダーなら何でもいいんですが、ぼくはfeedlyを利用しています。

RSSリーダーとは、Webサイトを巡回してRSS/Atom形式の更新情報を受信し、リンク一覧の形で表示するソフトウェア。

(IT用語辞典 e-Wordsより)

feedlyで海外のウェブサイトを登録する

feedlyをダウンロードしたら、ウェブサイトを登録します。

登録作業が少し面倒かもしれませんが、最初にサイトをいくつか登録しておけば、あとは勝手に最新記事を受信してくれます。

続けるコツとしては、自分の興味のあるニュースが掲載されている英語サイトを登録することです。

配信された英語記事を読む

配信された英語記事を読んで、リーディングの勉強をします。

ここで、長文を読む際にわからない単語が出てきたときの対処法ですが、

わからない単語が出てきたら、その単語を長押しします。

そうすると、グーグルの検索機能でスクリーン下部にその単語が表示されます。

Screenshot_2016出展:https://moz.com/blog

この赤線で囲われている部分をタップ、もしくは上にスワイプすると、検索結果画面が表示されます。

Screenshot2

Weblioとかの辞書サイトが検索結果上位に表示されるので、そのままタップして単語の意味を調べる事ができます。

いちいち電子辞書で調べたり、単語スペル入力などしないでいいので、かなり楽です。

非営利団体向けサービスGoogle Ad Grantsの運用について

最近、NPOのリスティング広告運用をお手伝いさせていただけることになりました。

そこで、非営利団体向けに提供されているGoogle Ad Grantsというサービスを利用することになりました。

このGoogle Ad Grantsですが、条件を満たす非営利団体であれば毎月120万円相当のアドワーズ広告費用が助成されるというプログラムです。

運用前に調べた事を、メモ程度ですが下記に共有させていただきます。

サービス名 Google Ad Grants|AdWords非営利団体向けプログラム
公式ページ https://www.google.co.jp/intl/ja/grants/
通貨単位 アメリカドル
月間の広告助成費 10,000ドル相当(=約120万円)
1日の予算上限 329ドル(=約38,700円)
1クリック単価上限 2ドル(=約235円)
広告の種類 テキスト広告のみ
広告の掲載場所 Google検索結果ページのみ

1日の広告予算は329ドル

1日の広告費用の予算が、329ドル(=約38,700円)です。

これを一か月分使い切ると、月間合計で10,000ドル程度となる計算です。

クリック単価の上限

さらに、クリック単価にも上限設定があります。

1クリックの単価上限は、2ドル(=約235円)です。

これが広告運用のネックとなりそうです。

ビックワードなどは競合するサイトが多く、2ドルで収まらないです。

その為、いくつかのキーワードを掛け合わせて、検索ボリュームが一定数ある組み合わせを探し出して広告出稿する必要があります。

広告掲載箇所はGoogleの検索結果ページのみ

広告掲載できる場所は、検索結果ページだけです。

ディスプレイネットワークなどは活用できないので、リマーケティングやコンテンツターゲティングはできません。

テキスト広告のみ掲載可能

Google Ad Grantsは、テキスト広告のみ掲載ができます。

イメージ広告、動画広告、リッチメディア広告などは一切掲載することができません。

Google AdWordsで広告ステータスが「サイトの強制停止」となったので修正して再申請。

運営しているアフィリエイトサイトでアドワーズをテスト出稿してみました。

が。。。

キャンペーン一覧を確認すると、先ほど広告出稿したはずの広告のステータスが「サイトの強制停止」となっていました。

慌てて管理している自サイトのキーワードでググってみたのですが、通常通り上位表示されていました。

グーグルのインデックスからは特に除外はされていなさそうです。

「Your AdWords account: Ads not running due to AdWords Advertising Policies」というタイトルで、運営側からメールで連絡がきていました。

広告が表示されていない、という事のようです。

Low value content
Content that is designed for the primary purpose of showing ads

どうやら、ランディングページの広告の量が多すぎた為に広告出稿が停止されてしまったようです。

テキスト広告だと、バナー広告に比べて、「広告を掲載している」という感覚が薄かったのでガンガン張ってしまっていました。

たしかに。作成した広告のランディングページを確認すると、テキスト広告を8か所くらい貼ってしまっていました。

Don’t use a landing page that has excessive advertising or is otherwise designed primarily to show ads.

Reduce the number of ads or space taken up by ads.

さすがに多いので、このページに記載されている修正方法を参考に、余分な広告を5か所ほど削りました。

修正後、再審査を依頼しました。

回答には3営業日ほどかかるようです。

結果は後程。

発注者が安心して仕事をお願いしたいと直感する在宅ライターさんに共通する4つのポイント

クラウドワークスやランサーズなどでライティング業務をフリーランスの方にお願いする事があります。

クラウドソーシングサービスを活用する場合、初対面の方とネット上でのやり取りを通して仕事を行います。

その為、メッセージのやり取りやプロフィール、実績などの細かな情報が、ライターさんへの印象に直結します。

今回は、僕がフリーランサーさんにライティング業務をお願いする際に、「このライターさんにお願いしたい」と思うポイントをいくつか紹介します。

※もちろん発注者にとっても、同様の事が言えます。

1.メッセージの返信が1日以内

仕事をする上で、ネット上でのメッセージのみのやり取りが基本となります。

その為、メッセージを送った日中に返信をいただけるライターさんは非常にありがたいです。

2.メッセージ確認の連絡をくれる

仕事についての連絡をクラウドソーシングサービス上でやり取りします。

僕が、変更点や注意事項、修正点などの連絡をライターさんにメッセージ送信した際、2パタンの方がいらっしゃいます。

  1. すぐにメッセージ確認の連絡をしてくださる方
  2. クライアント
    すいません、「ですます」調でお願い致します。

    ライターさん
    語調について、了解です。

    [数日後…]
    ライターさん
    記事完成いたしました、御確認おねがいします。

         

  3. 修正完了後、納品と一緒に連絡をしてくださる方
  4. クライアント
    すいません、「ですます」調でお願い致します。

    クライアント
    (返信ないけど大丈夫かな?ちゃんと伝えらえているか不安… )

    [数日後…]
    ライターさん
    記事完成いたしました。語調も修正してあります、ご確認おねがいします。

結論としては、パタン1のような方への信頼感が増します。

変更点などのメッセージを送信した際、「変更点、確認いたしました。了解です。」とすぐに返信いただけると、とても安心します。簡潔な文章であっても、自分のメッセージが相手に伝わっている事が確認できるため、とても助かります。

3.不明点を質問してくれる。

わからないや説明が不足している点を質問してくださるライターさんも、良いライターさんです。

クライアントのイメージした記事を執筆しようとする意思をお持ちのライターさんからは、自然と質問や確認事項が送られてきます。

4.記事の方向性を確認する為、サンプルで1記事仮納品してくれる。

記事の方向性があっているかどうか、まとまった納品の前にサンプルで1記事を提出してくれるライターさんもいらっしゃいます。これも、上記項目と同様の理由ですが、「クライアントのイメージした記事を執筆しよう」というプロ意識の高いライターさんに見られる特徴です。

おまけ

しっかりと腰を据えて働きたい在宅ワーカーさんのには、最近だとこのサイトがおすすめです。

クラウドソーシングサービスでコンテンツ制作を外注する際に記載すべき項目

久しぶりに、最近運営しているサイトに掲載するコンテンツをクラウドソーシングサービスで外注しました。

そこで今回は、クラウドソーシングサービスを利用する際に求人文書に記載すべき点をまとめて紹介します。

仕事の詳細を明記して、認識の差を埋める

仕事については、詳細を記載する必要があります。

少し面倒ですが、ここを怠ると応募率が非常に悪いです。

また、自分の想像していた記事が納品されてこない可能性が高くなります。

納品の質を上げるためにも、募集要項や詳細について記載しておきましょう。

募集タイトルに文字数・報酬・テーマを記載する。

応募者の方々の目に触れる、求人タイトルに必要な情報を盛り込みます。

応募者の方々が気になる情報として、「文字数」「単価」「テーマ」などがあげられます。

あまり長くなりすぎないように、上記の内容を盛り込んだタイトルをつけます。

納期や報酬についての詳細を明示する

求人の本文に、仕事に関する詳細を明記します。

記載すべき項目
  • 納期:日付と締切り時刻
  • 記事数:発注する記事の総数。
  • 文字数:1記事あたりの文字数。
  • 金額:1記事あたりの報酬と、合計金額。

特に、納期についてはしっかりと指定する必要があります。

期限にこだわりがなくても、おおまかな日にちを記載してください。

注意事項を事前に提示してトラブルをなくす

仕事の詳細の他にも、トラブルにならないように事前に記載しておくべき項目がいくつかあります。

句読点や記号の乱用を禁止する

文字数を稼ぐ為に「!」「?」などの記号を多用する方が稀にいらっしゃる為、事前に注意書きとして求人に記載しておくとよいです。

その他の通常の句読点については、文字数カウントするようにしてもよいと思います。

あまり厳しすぎると、ライターさんからの心象が悪くなります。

他サイトからのコピペ禁止

記事執筆のさいに、他サイトからのコピペを禁止する旨を念押しして記載します。

SEOについて詳しくないライターさんもいらっしゃる為、重複コンテンツの概念を知らずに記事執筆されてしまうケースがあります。

重複コンテンツなどのSEO上の評価以前に著作権上問題があるので、コピペ禁止については特に念を押しておく必要があります。

納品後の記事所有権の一切を発注者に帰属する

納品された記事の所有権は発注者に帰属する、ということも記載しておく必要があります。

納品された記事を他クライアントさんに使いまわして納品されてしまわないようにする為です。

また、ライターさん自身による利用もやめていただくように事前に明記しておいた方が安心でしょう。

3度目の正直!Amazonアソシエイトのサイト審査に通る為の修正点。

前回の記事はこちら
アマゾンアソシエイト申請で2度目の審査落ち、修正して3度目の再申請トライ。

3度目の申請で、ついにアマゾンアソシエイトのサイト審査の許可がおりました。

前回の記事で審査許可がでるための対策をいくつか行ないましたが、「特定カテゴリ広告の削除」がポイントだったようです。

チェックすべきAmazonアソシエイト運営規約

チェックすべき項目
Amazonアソシエイト・プログラム運営規約

2. 加入申込み
10. 乙がアソシエイトであることの表示

アソシエイト審査合格のポイント

サイトの見た目を彩る意味で、とあるディスプレイ広告を張っていたのですが、これがAmazonさんから嫌われていた原因のようです。

張っていた広告ですが、クリックも数回しか発生していなかったので、サイト上のリンクをすべて削除しました。

申請にひっかかりそうな広告写真を掲載しているサイトでアソシエイト申請をする際には、注意してみてください。